プロフィール

SATOP

Author:SATOP
共に33歳。

仕事もやめて迷走への第一歩。

どうなることやら。

貧乏旅行の節約生活ですが、
やりたいことはやる!スタンスで行きます。

お金が無くなったら帰ります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【494】オアシス都市☆ワルザザード

ワルザザード 2日目

宿のレストランで朝食。

パンとコーヒーだけで20dhもしたが、パンはなかなか美味しかった。


名前がかっこいいワルザザード。

ここは1920年代にフランス軍によってサハラ砂漠の最前線基地として建設された場所。

ツーリストのサハラ砂漠の入り口であり、多くの映画の舞台にもなっている場所でもある。


本当はここからレンタカーをして、

オート・アトラスを越えてマラケシュの方まで車で行くことを考えていたのだが、

思っていた以上にお値段が高めだったので悩んだ末にやめた。


10時からタクシーをチャーターして、世界遺産でもあるアイト・ベン・ハッドゥを見に行く。

密かに楽しみにしていた場所だ。


P1540637.jpg

P1540636.jpg

P1540638.jpg

途中、アトラス・コーポレーション・スタジオの前を通る。

何本も有名な映画の撮影が行われたことがある有名なロケ地。



P1540639.jpg

P1540642.jpg

アイト・ベン・ハッドゥが近づいてきた。


アイト・ベン・ハッドゥはワルザザードから33kmほどのところにあるクサル(要塞化された村)で、

ほとんどはこっちの岸側に住んでいるが今なお川の向こう側のアイト・ベン・ハッドゥに住んでいる家族はいるようだ。


タクシーをおりて歩いて向かう。


P1540647.jpg

ほう。

雰囲気は良さげだ。


P1540652.jpg

特別な歴史がある訳ではないこのアイト・ベン・ハッドゥは、

この不思議な魅力で多くの映画のロケ地にも世界遺産ともなっている。


P1540659.jpg

P1540660.jpg

P1540669.jpg

クサルの上まで歩く。

砂漠のハイライトの一つと言っても過言ではないのだが、人が少なく静かで良い。


P1540674.jpg

P1540678.jpg

お土産屋も数軒やっている。

ここでお土産に化石の皿を購入。

こういうのをどこかで買いたいなーと思っていたのでいいのが見つかった。

一時帰国をした時に寿司を食わせてくれた仲間への重い重いお土産。


P1540686.jpg

まさに要塞。

かっこいい風体だ。


その後、タウラルトのカスバを見に行った。


P1540693.jpg

ここも映画の舞台になったことあるワルザザードの外れにあるカスバだ。


P1540695.jpg

P1540700.jpg

P1540716.jpg

P1540705.jpg

P1540718.jpg

P1540719.jpg

P1540720.jpg

P1540727.jpg

さっきのアイト・ベン・ハッドゥもそうだが、ついつい写真を撮りすぎてしまう。


P1540729.jpg

P1540732.jpg

P1540730.jpg

少し歩いてティータイム。


P1540734.jpg

昨日に続き、ビールとワインを買ってピザとパニーニのテイクアウトで夕飯。


P1540735.jpg

宿の窓から夕暮れの広場を眺める。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント