プロフィール

SATOP

Author:SATOP
共に33歳。

仕事もやめて迷走への第一歩。

どうなることやら。

貧乏旅行の節約生活ですが、
やりたいことはやる!スタンスで行きます。

お金が無くなったら帰ります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【470】フランセジーニャとSANDEMAN☆ポルト

ポルト 3日目

起きて今日もまずいコーヒーを飲む。

しばしのんびりしてお出かけ。


まずはポルトのB級グルメ、フランセジーニャを食べに行く。

混んでるかな~と思ったけどまだお昼には少し早いのですんなりとお店に入ることができた。


P1520615.jpg

P1520618.jpg

フランセジーニャ。

美味しかった♪


P1520616.jpg

フランセジーニャと一緒に頼んだやつも美味しかった。


P1520622.jpg

お店を出ると並んでいた。


マックのコーヒーが久々に安くなったのでコーヒーを飲む。
0.8ユーロ×2。


P1520623.jpg

昨日買ったバッグと靴。


P1520632.jpg

P1520636.jpg

ボルサ宮とサンフランシスコ教会を見て(中には入らず)、


P1520642.jpg

P1520646.jpg

P1520651.jpg

市電に乗る。
いい感じの電車だ。


P1520674.jpg

P1520679.jpg

P1520688.jpg

海の方まで行ってしまったので、そのまま乗って戻りたかったが、またお金がかかるので歩いて戻った。
散々歩いてきた僕らにとっては数kmくらいなら歩くのを悩むまでもない。


P1520701.jpg

サンフランシスコ教会まで戻ってきた。


P1520706.jpg

P1520713.jpg

P1520716.jpg

P1520725.jpg

ドウロ川沿いの歴史地区を通り、


P1520730.jpg

P1520731.jpg

P1520739.jpg

P1520741.jpg

P1520747.jpg

ドン・ルイス1世橋を渡り、ワイナリーの一つ、SANDEMANへ行く。


ポルト。

やっぱりなんか好きなところだな~。


P1520751.jpg

SANDEMAN。

ポルトはポートワインが生まれた街だ。

ポートワインはまだ糖分の残っている発酵途中にブランデーをぶち込み酵母の働きを止めることによって出来上がる、酒精強化ワインの一つ。

ちなみに世界3大酒精強化ワインはポルト、マデイラ、シェリー。


P1520755.jpg

P1520761.jpg

P1520775.jpg

SANDEMANのロゴがかっこいい。


P1520777.jpg

P1520778.jpg

P1520779.jpg

P1520787.jpg

P1520789.jpg

ワインセラーを見学。


P1520795.jpg

テイスティング。

アルコール度も高いため、たくさん飲むお酒ではないが、美味しかった♪

お土産にSANDEMANが書かれた絵葉書を購入。


P1520798.jpg

P1520801.jpg

少し川沿いでのんびり。


P1520813.jpg

P1520824.jpg

P1520830.jpg

P1520831.jpg

ドン・ルイス1世橋の上まで行った頃には雲が多くなっていたが、修道院から街を眺める。

昨日のケバブのお店でテイクアウトして宿でワインと食べて終わり。



ポルト 4日目

今日はポルトガルの首都リスボンへ向かう。

起きて外を見ると雨だ。

宿を出る前に止んでくれることを祈る。。

朝食を食べて宿を出ると雨はほとんどあがっていた。

リスボン行きのバスターミナルも近くかなりいい場所にある宿だった。


P8040952.jpg

まゆの相棒、カミーノのスタート地点で購入し900kmをともに歩いてきた相棒とのお別れ。


10時30分発のバスでリスボンへ。
スポンサーサイト

Comment

バッグの代名詞でもあるシャネルのマトラッセライン

使い心地・耐久性・見た目、と文句のつけようがないバッグの代名詞でもあるシャネルのマトラッセラインは、今から80年以上前の1929年に発表されるやいなや、一気にヒット商品となりました。
非公開コメント