プロフィール

SATOP

Author:SATOP
共に33歳。

仕事もやめて迷走への第一歩。

どうなることやら。

貧乏旅行の節約生活ですが、
やりたいことはやる!スタンスで行きます。

お金が無くなったら帰ります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【462】最後のヒッピー三大聖地☆イビザ島

眠るのがそもそも得意ではないが、今回の空港泊は全然眠れなかった。

眠い。


インドのゴアに向かう時も同じような気持ちになったが、

ついにイビザに来る日が来たかー。

と思うと何だが感慨深くなる。

15年以上も前の20歳くらいの頃だろうか。

ヒッピー三大聖地というものを知った。


タイのパンガン島。


インドのゴア。


スペインのイビザ島。


もうこれも10年以上前になるが、サムイ島からナンユアン島へ行く途中にパンガン島に寄港した。

この時は島に降り立つことはなくフェリーから眺めるだけだったが、

初めて見るパンガン島のその空気感は今でもよく覚えている。

それから1,2年後、パンガン島で1ヶ月過ごすことになった。

バンコクからバスと船で向かうその道中のワクワクも今だ忘れない。

そしてその時のワクワクと同じ気持ちが湧いてきてテンションが上がってきたが、

睡眠不足が混ざってなんだか気持ち悪い(笑)


P1510428_20171204232959e3a.jpg

6時40分のフライトでIBIZAへ。


離陸してわずか50分でイビザ島へ到着した。

イビザの空港は思っていたより大きくて、クラブのショップなどが入っているのがなんともイビザらしい。


バスでサン・アントニオまで行く。


P1510430.jpg

バスターミナルにてデビッド・ゲッタと。


スーパーに行き食料品やらお酒などを買い物をして宿へ。

清掃が終わるのを待ってチェックイン。

今回のイビザライフはリゾートマンションのような部屋貸しをしている部屋を10日間借りている。

もちろん物価は高いヨーロッパのリゾートだ。

自炊できるのが助かる。


昼食を食べて眠たかったので昼寝タイム。


サンセットの時間に合わせて起床してイビザ島の有名スポットのひとつに向かう。


P1510434.jpg

いたるところで今いるここがパーティー・アイランドであるイビザ島なことを感じる。

楽しみだ♪


P1510436.jpg

P1510438.jpg

そして世界で最も有名なサンセットのポイントでもあるカフェ・デル・マールへ。


P1510439.jpg

P1510440.jpg

P1510450.jpg

大勢の人がここにサンセットを見るために集まっている。

キレイなサンセットだった。


P1510463.jpg

のんびり寄り道しながら散歩しながら宿に戻り、再びパスタを食べた。

久しぶりの自炊でペペロンチーノ。

美味かった♪
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント