プロフィール

SATOP

Author:SATOP
共に33歳。

仕事もやめて迷走への第一歩。

どうなることやら。

貧乏旅行の節約生活ですが、
やりたいことはやる!スタンスで行きます。

お金が無くなったら帰ります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【454】イスラム芸術の最高傑作☆アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿の中へ。


「王は魔法を使って宮殿を完成させた」とさえ言われた、イスラム芸術の最高傑作であるアルハンブラ宮殿。

楽しみだ♪



P1500041.jpg

P1500043.jpg

P1500044.jpg

P1500066.jpg

P1500067.jpg

P1500070.jpg

とりあえず中に入りブラブラと歩く。


P1500072.jpg

P1500075.jpg

P1500081.jpg

ちょうど花がたくさん咲いている季節。
いいタイミングに来たようだ。


P1500077.jpg

P1500082.jpg

緑も多い。
山に囲まれたいいところだ。


P1500083.jpg

P1500099.jpg

P1500105.jpg

P1500115.jpg

P1500117.jpg

P1500119.jpg

P1500123.jpg

ヘネラリフェ。

水の宮殿とも言われるナスル朝の夏の別荘。


P1500125.jpg

P1500132.jpg

P1500140.jpg

いろんなところで花が咲き乱れている。

ベストタイミングはこの一週間くらいしかないらしいのでナイスタイミングだった。


P1500166.jpg

P1500155.jpg

P1500159.jpg

P1500164.jpg

建築好きのカルロス5世が1526年に新婚旅行でここに訪れた際に建設を決めた宮殿。


P1500176.jpg

P1500177.jpg

アルカサバ。

軍事要塞であるアルカサバはアルハンブラで最も古い部分で
ローマ時代の砦の跡にモーロ人が9世紀に築いたもの。

ここからはグラナダのいろんな方向がよく見える。


P1500186.jpg

P1500190.jpg

P1500184.jpg

シエラ・ネバダ山脈には雪がかかっていた

グラナダ、いいところだ。


そして時刻は13時30分。

アルハンブラ宮殿ナスル朝宮殿へ。

某歩き方の最初の一文はこうだ。

「訪れるものを千夜一夜の世界に誘う、幻想的な王宮」。

堪能しよう。


P1500195.jpg

P1500205.jpg

P1500208.jpg

P1500207.jpg

P1500210.jpg

P1500211.jpg

P1500216.jpg

P1500214.jpg

P1500218.jpg

P1500220.jpg

P1500222.jpg

P1500225.jpg

P1500228.jpg

P1500235.jpg

P1500236.jpg

P1500238.jpg

P1500243.jpg

P1500245.jpg

P1500246.jpg

P1500247.jpg

P1500248.jpg

P1500252.jpg

P1500265.jpg

P1500263.jpg

P1500271.jpg

美しかった。

すごく立派だった。

結局、全部見るのに3時間半くらいかかったが大満足だ。


P1500290.jpg

P1500288.jpg

P1500284.jpg

宮殿を出てバルでビールとサングリアを飲む。

1杯頼むとおつまみ1品が付いてくるのがグラナダスタイル。



宿に戻って19時まで3時間くらい昼寝してアルバイシン地区へ。


P1500294.jpg

途中、いい感じの雑貨屋「ALE HOP」があって少しだけお買い物。


P1500296.jpg

P1500299.jpg

P1500303.jpg

アルバイシン地区は世界遺産にもなっていて、11世紀頃にイスラム教徒によって築かれたグラナダ最古の街並みが残る。

なかなか雰囲気のいいところだ。

サン・クリストバル展望台まで行く途中にパリの宿の管理人コンビに会った。


P1500304.jpg

サン・クリストバル展望台はイマイチだったのだが、行きたかったのはサン・ニコラス展望台だったと後でわかった。

違う展望台に来てしまったわけだ。


P1500311.jpg

P1500312.jpg

P1500315.jpg

アルバイシン地区を下り、パン屋とスーパーに寄って宿に戻る。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント