プロフィール

SATOP

Author:SATOP
共に33歳。

仕事もやめて迷走への第一歩。

どうなることやら。

貧乏旅行の節約生活ですが、
やりたいことはやる!スタンスで行きます。

お金が無くなったら帰ります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【449】カタルーニャ地方の都☆バルセロナ

いよいよスペインだ。
スペイン語圏である中南米を旅していた時から来るのが楽しみだったスペイン。

旅の終わりが見えてきているのが時にすごく寂しく感じるがこのスペインではずっと楽しみにしていたことがある。

それはカミーノ・デ・サンティアゴ(巡礼)とイビザ島だ。

さらに昔からいつか見たいと思っていたアンダルシアのヒマワリ畑もタイミングを合わせていけば見に行くこともできそうだ。

さてこのスペイン。
どうやって回るべきか。

僕らが歩くつもりの巡礼路フランス人の道のスタート地点はフランスにある。

そしてイビザ島にアンダルシア地方。

スペインの後はジブラルタル海峡を超えてモロッコに入る予定だ。

イビザ島も年中盛り上がっているわけではなく夏を中心とした季節もの。

ヒマワリ畑ももちろん季節もの。

巡礼を歩き終わった後にイビザ島に行ってビーチでリフレッシュ!
というのが最有力案ではあったのだが、今アンダルシア地方のヒマワリ畑を見なかったら、今後なかなか見る機会もなさそうだったこともあり、時期やらなんやらを考えに考えに考えて先にスペインを回ってしまうことにした。

スペインを時計周りでマドリッドまで行き、イビザ島に行ってマドリッドに戻り、そこから巡礼路を目指すことにした。


まずはバルセロナだ。

バルセロナは楽しみにしていた都市。
都市が楽しみというのはあまり持たない感覚な分、余計に楽しみだ。


ボルドーからバルセロナに向かっている途中、深夜何時頃だかわからないが警察官によるバスポートチェックがあった。
国境を超えたのだろうか。
バスを降りなくていいので楽チンだ。

4時30分頃にバルセロナのバスターミナルに到着した。
スペインだ。

バスの運転手さんにグラシアス!
久しぶりのスペイン語だ。

しばらく時間を潰して宿に向かう。
日曜日はどこの宿も高くてとりあえず一番安い宿をHOSTEL WORLDで予約しておいた。
口コミだと非常に評価が悪いがどんな宿だろうか。

最寄り駅に到着し宿に向かう。

宿が坂の上にあるのは知っていたが、かなりきつそうな階段が目前に立ちはだかった。
こういうときにまゆのメインバッグであるOSPREYを運ぶのが本当に大変なのだ。
背負えるんだから背負えばいいじゃん!と思うかもしれないが、旅も終盤戦。
ここまで一度も背負ってきていないんだからそう簡単に背負うわけにはいかない!(謎)

P5281269.jpg

俺も(非力な)男だ!
と言わんばかりにまゆのOSPREYを持って階段を上る。

かなりきつかったがなんとか上りきることができた。


チェックインまで時間があったので荷物を預けて街へ出かける。

宿で聞いた近くの安くて美味いご飯屋さんは日曜日だからやってないのか見つからなかった。

P1480463.jpg

パン屋でパンとコーヒーを嗜み、グエル公園まで行く。


P1480465.jpg

P1480466.jpg

P1480469.jpg

P1480472.jpg

P1480478.jpg

世界遺産にもなっているグエル公園。


P1480479.jpg

バルセロナの街を一望することができる。

遠くからでもサグラダ・ファミリアの姿を確認することができる。
近くで見るのが楽しみだ♪


P1480490.jpg

P1480491.jpg

ここにはガウディの住居などもあるのだが、庭園に入れるのは4時間後だったため入るのはやめて公園内を歩くだけにした。


宿に戻って昨日ボルドーのスーパーで出発前に買ったサンテミリオンの安いワインを飲んで就寝。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント