プロフィール

SATOP

Author:SATOP
共に33歳。

仕事もやめて迷走への第一歩。

どうなることやら。

貧乏旅行の節約生活ですが、
やりたいことはやる!スタンスで行きます。

お金が無くなったら帰ります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【447】ボルドーからちょっと足を延ばして☆サンテミリオン

ボルドー 2日目

ぐっすり眠ることができた。
最近、ぐっすり眠れる機会が少なかったから嬉しい。

のんびり起きて準備して、12時ギリギリにチェックアウト。
荷物を預けて駅へ。

天気がイマイチだったら行くのをやめようと思っていたが、晴れている。
TERに乗ってサンテミリオンまで行く。

券売機の前でチケットの買い方がわからなくて困っていたらお姉さんが助けてくれた。
英語表記がないのでさっぱりわからない。
往復で約20ユーロ/人。高い。。
やっぱり物価が高いなーと感じる瞬間が多くある。

サンテミリオンは数あるボルドーワインの中でも最高級の銘柄である。


P1480361.jpg

P1480362 - コピー

ボルドーから40分ほどでサンテミリオンの駅に到着した。


駅前にはトゥクトゥクが停まっているが、歩いて村まで向かう。


P1480363.jpg

P1480368.jpg

あたりにはブドウ畑が広がっている。


P1480384.jpg

P1480371.jpg

P1480390.jpg

P1480405.jpg

P1480408.jpg

P1480418.jpg

ブドウ畑、いや、ワイン畑とでも言うべきか。そんな中にある村。
なんだか素敵な場所である。

こじんまりと家族でワインを作っているシャトーが多いようで、同じサンテミリオン内でも気候が多岐に渡るため、同じサンテミリオン銘柄でもシャトーによって味は大きく変わるらしい。


P1480420.jpg

街はサンテミリオンの街を一望できそうな塔があり、それにのぼることができる。

P1480421.jpg

P1480426.jpg

P1480429.jpg

P1480430.jpg

P1480435.jpg

中世を感じさせる街とブドウ畑。
いいところだ。


最後にせっかくだからとワインを買っていくことに。

しかし、、ボルドーワインの中でも最高級の銘柄であるサンテミリオン。

貧乏な僕らに買えるワインはあるのだろうか・・・。


P1480444.jpg

1件のお店に入りワインの話を聞く。

ワインとは奥深いもので、おかせて開かせないと美味しく飲めないワインが多い。

いろいろと知らなかったワインの話が聞けて面白かった。

僕らはおかせてから飲むなんてことができる状況ではないあので、すぐに飲めるワインをリクエストして選んでもらった。

P1480452.jpg

サンテミリオン産のワイン。

P1480456.jpg

22ユーロ。
43ユーロのワインを買いたかったが、これでも大奮発!


駅まで歩いて戻り、列車を待ってボルドーへ。

宿に預けておいた荷物をピックアップしてバスターミナルへ。
バスターミナルと言ってもただの歩道だが。。
20時発のバルセロナ行きに乗車。

フランスもここで終わり!

いよいよスペインかー!!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント