プロフィール

SATOP

Author:SATOP
共に33歳。

仕事もやめて迷走への第一歩。

どうなることやら。

貧乏旅行の節約生活ですが、
やりたいことはやる!スタンスで行きます。

お金が無くなったら帰ります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【445】モン・サン・ミッシェルから飛び降りたiPod Touch

モン・サン・ミッシェル 2日目

起きて散歩に出かける。


P1480040.jpg

P5251152.jpg

観光客が来る前の島内は静かでいい雰囲気である。

ここに日帰りで来るのはもったいないように思う。

城壁の上で音楽でも流そうと思い葉加瀬太郎の情熱大陸をかけてiPod Touchを城壁の上に置き、外の景色に目を向ける。

いい時間だな~。

が、30秒後くらいに音楽が消えると同時にiPodの姿が無くなった。


P1480048.jpg

城壁の内側に落ちたものの排水溝の穴から下まで真っ逆さまに落ちていってしまった。

iPod Touchの幅と同じくらいしかないような穴に見事にハマって落ちていってしまったようだ。。


P1480049.jpg

下を見ると取りに行けるような気もするがちょっと厳しいか。

取りに行けて見つかったとしても結構な高さからの落下だ。
壊れている可能性が高い。

終わった。。。

これは相当に面倒な事態である。
ある程度はバックアップをしてあるものの、

・旅に出てからの日記
・音楽
・お金の管理
・メールの管理

ほぼ全てのことをこのiPod Touchで管理していた。

すぐにでも探しに行きたいが、慌てても結果は変わらない。。

とりあえず修道院が9時に開くのでまずは修道院の見学に行こう。

考えるのはそれからだ。


P1480053_20170818174336a49.jpg

一番乗りで入場。


P1480065_20170818174338684.jpg

やはり、、、ミカエル像がないのが残念である。
近くで見てもいないものはいない。


P1480066.jpg

P1480067_201708181743403ca.jpg

普段の姿とこうやってミカエルを運びました的なやつ。


P1480068_20170818174342493.jpg

教会。

この修道院の建築が本格的に始まったのは966年。
その後、数世紀に渡って増改築が繰り返されてきたため、中世のさまざまな建築様式が混ざり合った独特な造りとなっている。


P1480070_20170818174935c5a.jpg

P1480073_20170818174937b7e.jpg

教会内部。
一番乗りで入場したため、先には見学者はいない。
静かな誰もいない院内を見ることができた。


P1480076.jpg

P1480075.jpg

P1480082.jpg

P1480085.jpg

P1480090.jpg

さすがというか、内部のことは全然知らなかったが立派なつくりだ。


P1480120.jpg

ミカエルのレプリカ。

会いたかったよー(T_T)


宿に戻りチェックアウトしてiPodを探しに行く。


P1480134.jpg

現場は右の突出している部分だ。
上から見るとわかりにくかったが、岩場の上に草木が生い茂っている。
生い茂った木々の中に突っ込んでいければ見つかる可能性もあるか!?



水がまだ引ききっていないため、城壁沿いの岩場を歩いて落ちた場所まで行ってみる。

近いほうのルートは岩場がなく歩いて行くことができなそうなので昨日とは逆回り。

まずは現場に行けるかどうかだ。


P5251173.jpg

P1480154.jpg

入り口からほぼ真裏にあるサントペール礼拝堂。


P1480155.jpg

そしてなんとか現場に到着した。


岩場を上がり草木を掻き分けて進む。

痛い。
トゲなのか毛虫なのかわからないがチクチクと痛い。

これは進めそうにないし、現場に行けても見つからない気がする。。

一度引き返し、後から来たまゆと合流し、別のアタック地点がないかを探してみるも見つからない。

諦めようかと思ったのだが、落ちた場所がある程度わかっているのに現場に行かないで諦めるのもなんだか悔しい。


もう一度アタックすることにした。

ウィンドブレーカーのフードを被り、手を隠して突っ込んだ。

そしてなんとか現場に到着した。

現場には同じ場所から落としたであろういろいろなモノが落ちていた。

が、iPod Touchの姿は見つからない。


落ちていたトレッキングポールを使い、草木を掻き分けて探していると発見!!

そしてボタンを押してみると壊れていない!!

無くなっていたらいろんなことがすごく面倒になっていただろう。
助かった。

内側のカメラだけは壊れていたが軽症で良かった。


P5251178.jpg

見つかった記念に落とした場所と記念撮影。

いやーーー、本当に良かった。
と胸を撫で下ろしたのであった。


島内のお土産屋を順番に入っていく。

モン・サン・ミッシェルに来る前からここでオべール司教のコイン型のペンダントトップを買おうと思っていた。
が、探せど探せど欲しかったデザインのモノが見つからなかった。
オベール司教の別のデザインのモノを買うか、ミカエルのモノを買うか迷ったあげくミカエルのコインを買うことにした。


P1480165.jpg

P1480168.jpg

宿で荷物を受け取り、お別れの時だ。

シャトルバスに乗り対岸に戻る。


P1480183.jpg

P1480178.jpg

これで見納め。

iPod Touchを落としたときは絶望的な気分になったけど、モン・サン・ミッシェル、なかなか良かった!

ミカエルがいなかったからまたいつか来ないといけなくなってしまった。
近くはないいつの日か。
会えるのを楽しみにしているぜ!ミカエル!


17時30分発のレンヌ行きのバスを待って乗車。


レンヌでボルドー行きのバスチケットを買い時間を潰していると、建物から追い出された。
今すぐ出てけ。1分以内に出ていけ。
とすごく感じが悪かった。

が、日本人とわかると少し態度が変わっていた。

22時15発。15ユーロ/人。
ワインのボルドーへGOGO!!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント