プロフィール

SATOP

Author:SATOP
共に33歳。

仕事もやめて迷走への第一歩。

どうなることやら。

貧乏旅行の節約生活ですが、
やりたいことはやる!スタンスで行きます。

お金が無くなったら帰ります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【409】うっすらと姿を現した山々☆

トレッキング 3日目

ぐっすり熟睡してお目目パッチリで目が覚めた。

5時くらいかなーと思い時計を確認するとまだ深夜1時30分だった。

しばらくして再び眠る。


朝起きて外に出てみると山が見えた。

P1420391.jpg

アンナプルナ3(Annapurna3)7,555mとガンダルワ・チュリ(Gandharwa Chuli)6,245mだ。

※山の名称は間違っているかもしれません。

距離はあるがなかなかの迫力。


P4150093.jpg

そして朝の温泉に向かう。


P4150094.jpg

宿から20分ほど歩いたところにあるモディ・コーラ(Modi Kohra)川沿いにある温泉。

俺はチリのアタカマ砂漠以来。
まゆはペルーのカハマルカ以来。


P4150095.jpg

P4150100.jpg

P4150109.jpg

久しぶりの温泉はなかなかいい温泉だった!

気持ち良かった♪リフレッシュ♪


宿に戻り、乾かしていた昨日の雨に濡れた装備を片付けてレッツゴー!

P1420404.jpg

9時35分。
ジヌーを出発。


P1420406.jpg

薄い雲がかかっているため完璧ではないが、やはり山が見えるだけで気分が全然違う。


P1420408.jpg

自生しているこいつ。
日本人の感覚からするとふつーに生えていることがなんだか面白く感じる。


P1420409.jpg

P1420416.jpg

最初の村であるチョモロン(Chhomorong)を目指す。


P1420418.jpg

11時05分。
チョモロンに到着した。


P1420423.jpg

チョモロンは山間の村で視界が開けている。


P1420422.jpg

ここからもドーンと山が見えるはずだが、薄い雲がかかっていてよく見えない。

見えるのはこれから歩いて超える谷だけだ。
見てるだけで歩くのが憂鬱になる。


P1420430.jpg

ヤク。
ネパールの山岳エリアに暮らす人々達とって欠かすことのできない動物。


P1420431.jpg

P1420434.jpg

P1420435.jpg

長い石段を下り谷を越えて登りだす。

そしてこのコース最後の民家を通り過ぎる。


P4150119.jpg

ローワー・シヌア(Lower Shinua)を越えて、ちょっと一休み。


P4150121.jpg

13時45分、アッパー・シヌア(Upper Shinua)に到着。

この時期は午後になると雨が降りやすいようなので、昨日のようなことになると面倒なので今日はここまでにする。

洗濯したりのんびりと過ごす。


P1420439.jpg

P1420441.jpg

P1420445.jpg

P1420446.jpg

夕飯を食べるも時刻はまだ18時。


P1420443.jpg

P1420447.jpg

P1420454.jpg

山の夜は早いのだ。
18時30分頃就寝。

しかし、21時30分頃に起きてしまい1時頃まで寝れなくなってしまった。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント